Tocaro&Boxで社内コミュニケーションを効率化

Tocaro&Boxで社内コミュニケーションを効率化したと、鍛冶氏と中薗氏は語る。

iuk
株式会社アイ・ユー・ケイ 鍛冶 龍哉 氏
株式会社アイ・ユー・ケイ 中薗 有紀 氏
  • 抱えていた課題

    • 外出時のコミュニケーションロス
    • タスクの抜け漏れ
    • プロジェクト/案件の情報が属人化
  • Tocaro導入の効果

    • 外出メンバーとも円滑にコミュニケーション
    • チームでタスク管理を行うことで、抜け漏れを削減
    • ナレッジの均一化にも貢献

IUKの企業概要についてご紹介下さい。

1983年に設立した、TISインテックグループのSIer企業であり、インテック社と共にワンストップのITサービスをお客様に提供しております。近年では、従来のSIビジネスの他に、クラウドサービスの販売も積極的に進めており、新たなビジネススタイルを取り入れた営業活動を行っております。

また、自社のサポートセンターを抱えていることから、あらゆるサービスの提供後には24時間365日体制のサポート支援も可能となっております。サービスの提供だけではなく、保守/サポートまで一貫して行えることは、お客様からご評価頂いているポイントになります。

iuk-interview1

ロケーションを問わずにコミュニケーション

Tocaro導入の経緯を教えてください。

クラウドストレージのBoxを広範囲で導入しており、その関係でCTCから紹介を受けたことが一番初めのきっかけです。

当時弊社で抱えていた課題は、外出時のコミュニケーションロスとそこから生まれてくるタスクの抜け漏れでした。元々弊社のKPIには、売上/利益らの数字だけでなく、プロセスを評価するために「訪問件数」も一つのKPIとなっております。そのため、営業メンバーは外出していることが非常に多く、コミュニケーションが困難になっておりました。
その中で、大半の社内コミュニケーションは、電話/メールであったため、タスクの抜け漏れやお客様へのレスポンスが遅くなってしまうことも数少なからず存在しました。

Tocaro導入後、それらの問題はどうなりましたか?

Tocaroを導入したことにより、コミュニケーションスピードを向上でき、課題解決に大きく貢献してくれました。
我々の業務スタイルをお話すると、外勤営業/内勤営業/事務/業務と、コミュニケーションルートが多く存在します。それによって、コミュニケーションロス等の問題があったわけですが、Tocaroを導入してからは業務のスタイル自体が大きく変わりました。

案件やプロジェクトが始まる時は、関わるメンバー全員のチャットグループを作り、そのグループで一気通貫してコミュニケーションを行います。社内外問わず、チャットで手軽に連絡を取り合えるため、メールよりも楽に、電話よりも的確に情報の共有/伝達が行えていると実感しております。

また、全メンバーが入っているチャットグループでコミュニケーションを行うことで、ナレッジの均一化にも繋がり、情報の属人化を防ぐこともできます。これにより、お客様からの問い合わせに対して、担当営業しか知りませんといった状況がなくなったと考えています。

iuk-interview2

会話のようにテキストコミュニケーションできることが、チャットの価値

メールや電話と比べ、チャットが有用な理由はなんでしょうか?

「本来は会話で伝えたいこと」でもチャットであれば、まるで会話しているかのように文章で伝えられることに価値があると思っています。我々は「チャットは会話の代わり」と考えており、特に弊社の業務内では、”日々の報連相”において、非常に活躍をしています。

今までであれば報告は上長に時間をもらい直接行ったり、メンバーに情報共有をするための会議をセッティングしていましたが、今は関係メンバー全員が見れる場でリアルタイムに報連相を行うことで、ビジネススピードを向上させています。
また、Tocaroは検索機能が非常に優れており、過去の情報に辿り着くことも苦になりません。過去の情報を容易に検索できることも、メールや電話と大きく異なることだと思います。

Tocaroで特に役立っている機能はなんでしょうか?

「検索」,「タスク管理」,「Box連携」といった、Tocaroを採用する上でポイントであった代表的な機能は、もちろん日々役立っておりますが、実際導入してから気づいた便利機能もたくさんありました。

・途中からグループに招待したメンバーが過去の履歴を閲覧することができる
・グループ内のメンバーが入力しているときに、”誰が入力中”なのか見ることができる
・ファイルをTocaro上からプレビューすることができる

他にも色々な便利機能がありますが、案件に関わるメンバーも多く、スピーディーにコミュニケーションを進めたい我々としては、上述したような痒い所に手が届く細かい機能が役立っております。

おすすめの使い方はございますか?

タスク管理を使って、社内の見積依頼や確認事項を行うことがおすすめです。

案件/プロジェクト毎にグループを作成して、日々のコミュニケーションを行えば当然大量のTo-Do事項が発生します。従来であれば、テキスト上でタスクを割り振り、タスクの管理は個人で行うのが一般的だと思いますが、Tocaroであればグループ上でタスク管理を行うことができます。これによって、チームでタスク管理を行うことができ、タスク抜け漏れが最小限にすることが可能です。ぜひお試しいただければと思います。

iuk-interview3

「Box連携」にここまで振り切った開発をしているのはTocaroだけ

数あるチャットツールの中、Tocaroを採用した理由はなんでしょうか?

やはり「Box連携」が大きな理由です。ビジネスチャットツールの市場において、ここまでBoxに振り切って開発している製品は他にありません。Boxユーザーでチャットツールを検討している企業は、Tocaroを採用するのが良いのではないかと思います。

もちろん通常の機能である、チャット/タスク/ビデオ通話/検索も優れており、セキュリティ的にも申し分のない製品になっています。またメーカーがCTCという安心感も一つ大きなポイントです。日本企業らしく、サポートや要望のキャッチアップも行ってくれるので、安心して導入を進めることができました。

最後にTocaroを検討している方々に一言お願い致します。

クラウドサービスを提案する上で、「まず使ってみてください」と言ってしまいがちですが、利用者側からすると「使ってみる」ことはハードルの高いことだと思います。社内の申請や運用変更を考える等、我々も苦労しました。
そこを理解した上で、あえて伝えたいこととしては、Tocaroを利用すれば必ず仕事が楽になります。利用にあたっての苦労はあると思いますが、ぜひ使ってみていただければと思います。

株式会社アイ・ユー・ケイ

設立
1983年5月27日
所在地
東京都文京区西片1-17-8 KSビル 4階
事業概要
ハードウェアおよびソフトウェアの販売、ITインフラのコンサルティング・インテグレーション・構築サービス・運用サービスの提供
URL
https://www.iukinc.co.jp/

One minute to complete your application!

The free trial of Tocaro is for 30 days. You will not be charged automatically after the trial is over.
Please feel free to sign up for a free trial.

Try Tocaro for Free